矯正歯科・小児矯正

すぎもと歯科の矯正治療が大人気の理由

すぎもと歯科では小児矯正、大人の矯正治療を多数行なっております。患者さまから喜ばれている理由を3つご紹介します。

  • 実績豊富な矯正認定医が対応
  • 矯正相談無料
  • 目立たない矯正装置を多数取り揃え

江戸川区船堀のグループ歯科医院でも歯科矯正治療が受診できます

江戸川区船堀の矯正歯科当院は、江戸川区篠崎(すぎもと歯科)と船堀(ファミリア歯科)で、2つの歯科医院を運営しております。

どちらのクリニックでも同じ条件にて歯列矯正治療を受診することができますので、船堀方面にお住まいの方は画像をクリックして、ファミリア歯科のHPをご覧下さい。

矯正専門Dr.(日本矯正歯科学会認定医)が行う”精密矯正治療”

矯正認定医

はじめまして、すぎもと歯科矯正担当の三橋です。

矯正治療は治療期間、治療費など患者さまに負担の多い分野です。矯正医はそんな患者さまのがんばりを真摯に受け止め、治療結果でお返しするのが義務です。

見た目が良くなるだけの治療はいたしません。長期的な噛み合わせの調和、お顔とのバランスなど大きな視野で見た精密治療を行います。

すぎもと歯科 矯正担当 日本矯正歯科学会認定医
三橋 まさみ

  • 所属

    ・日本矯正歯科学会 認定医
    ・インビザラインドクター(米国アライン社認定)

  • 学位

    ・歯学博士
    ・日本大学松戸歯学部付属病院矯正歯科非常勤勤務

矯正に関する無料相談実施中!

矯正相談無料

矯正専門のドクターが矯正治療相談にお応えます。相談料は0円。相談料をいただきませんので、治療費、治療期間、抜くべきか、抜かないべきかんどお気軽にご相談下さい。

※セカンドオピニオン対応。他医院で相談された場合も当院に相談可能です。

目立たない矯正という選択肢

  • マウスピース矯正
  • 裏側矯正装置(舌側矯正)
  • クリアータイプ矯正

矯正歯科”歯の矯正=目立ってカッコ悪い”

こんなイメージをお持ちの方が多いと思います。たしかに金属の一般的な矯正装置はいかにも矯正をしていますという目立つ装置をつけます。

しかし、すぎもと歯科では目立たない矯正装置を取り揃えており、「目立たない歯並びの矯正」が可能です。

透明なマウスピースタイプ、歯の裏側につけるタイプ、透明な装置など矯正していることがわかりづらい目立たない、快適な矯正装置をご紹介します。

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン)透明なマウスピースを使用します。2週間毎にマウスピースを取り替え少しずつ歯を動かします。

大きな特徴として、目立たず、自分で脱着でき、食事も歯磨きもいつもどおりできるという新しいアプローチの歯科矯正として、世界中で注目されており、すぎもと歯科で1番人気の矯正装置です。

マウスピース矯正(インビザライン)

メリット ・透明で目立たない
・取り外しが可能(1日20時間程度装着)
・金属アレルギーの心配がない
・矯正治療完了の予想図が3Dで最初に確認できる
デメリット ・成人の矯正のみ対応
・歯を大きく動かす必要のある症状には不向き

裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正(舌側矯正)一般的な矯正装置は歯の表側表面に取り付けますが、裏側矯正(舌側矯正)は歯の裏側にとりつけます。

歯の表側には何も装着しないため、正面から見ても矯正していることがわかりません。モデルさんや芸能人などに多い矯正タイプです。また、ビジネスマンも含め、他人に矯正しているところを見られたくない方に最適です。

裏側矯正(舌側矯正)

メリット ・正面から見て矯正していることがわからない
デメリット ・話しづらい場合がある
・一般的な表側矯正よりも治療費、期間が多めにかかる

クリアータイプの透明な矯正装置

クリアータイプの透明な矯正装置矯正装置に金属ではなく、単結晶サファイアを使用した透明な矯正装置です。無色透明ですので目立ちづらいです。

裏側矯正、マウスピース矯正に比べ安価で治療することができます。

メリット ・矯正装置自体が透明なので目立ちづらい
・すべての歯並びに適用できる
デメリット ・裏側矯正、マウスピースよりは目立つ

小児矯正(子どもの歯科矯正)の目的

小児矯正(子どもの歯科矯正)乳歯列期から永久歯列期にかけて行う子どもの歯科矯正(小児矯正)は大人の歯科矯正と比べて目的が大きく異なります。

成人矯正は歯並びをキレイに整え、かみ合わせを適切に調整することを目的としますが、小児矯正は顎骨の適切な成長を促すことが最大の目的であり、歯並び調整が目的ではありません。

顎骨が小さく、歯が並ぶスペースが狭いと永久歯が生えたときに歯並びが悪くなりますが、顎骨の大きさを適切に成長拡大することで、結果、抜歯をしなくてもキレイに歯並びが整うのです。また、歯並び以外にも小児矯正のメリットは多くあります。

歯並び以外の小児矯正を行う多数のメリット

  • かみ合わせが適切に整えられ発音が良くなる
  • 鼻腔(鼻の息が通る穴)が広がり、鼻炎、いびきの改善が期待できる
  • 口ポカンを改善することができる
  • 姿勢がよくなる
  • いびきの改善により就寝時の眠りの質が向上することで、子どもの能力を最大限発揮させることができる(学力向上、運動機能向上、集中力向上などが報告されています)

こども(小児矯正)の矯正装置

小児矯正子どもの矯正は、歯並びを変えるということではなく、アゴの成長を適正なものにするという目的で行います。

あごの成長にあわせて骨格の改善ができ、正しい歯ならびや咬み合わせを誘導できます。また、歯が生えかわる時期に合わせて永久歯を正しい歯ならびに誘導できるため、あと戻りが少なく抜歯の必要性も減ります。

歯を抜くべきか、抜かないべきか?

矯正歯科「非抜歯矯正」、「抜歯矯正」という言葉があります。要は歯を抜いて矯正を行うか、歯を抜かずに行うかの違いです。

できることなら天然歯は抜かないほうが良いですが、明らかにアゴのスペースに歯が収まっていないケース、アゴの拡大をしても明らかに歯が収まらないことが予想される場合には、抜歯が必要になります。

詳細は検査をしてみないとなんとも言えないのですが、可能なかぎり抜歯を行わないようにしておりますが、このようなケースもあります。

歯科矯正において歯を抜かないためにできること(歯を並べるスペースづくり)

  • IPR(=ディスキング)

    IPR
    IPRは、歯の側面を削ってスペースを作る治療法です。人の歯のエナメル質は1~2mm程度の厚みがあり、そのうち0.2~0.5mm程度を削ります。この程度であればエナメル質を削っても、虫歯になりやすくなったり歯の寿命が減ることはありません。広く矯正治療で行われる治療法ですので、ご安心ください。

  • 歯の遠心移動

    歯の遠心移動
    もう一つスペースを作るために行われるのが、歯の遠心移動です。奥歯から順に奥側へ移動させていくことでスペースを作る方法です。顎骨にインプラントを埋入し、それをアンカーにして歯を引っ張ったり、インビザラインなどのマウスピース型の矯正装置を使用して歯を移動させます。