仮歯と治療の注意 すぎもと歯科

投稿日:2017年5月16日

カテゴリ:未分類

歯の治療をしていて仮歯入れているこがあります。噛み合わせのために入れていたり、見た目のために仮歯を入れたりと理由はあります。歯を削り型を採った後に最終的な被せものが出来るまでの間、仮歯をいれてます。仮はを入れることで治療中のはを保護し、歯列を安定し見た目も自然で食事や会話にも困りません。仮歯が入っているからといってそのままにしておくのはよくありません。仮歯はプラスチック素材なので、水分を吸収して黄ばんできたり着色をしたり、臭いがでてきます。きちんとした被せもと違い硬いものを噛むと割れてしまうこともあり、汚れも付きやすく不衛生になってしまうので歯を残すためにも最後まで治療に通ってください。