知覚過敏 篠崎 歯科 

投稿日:2017年3月29日

カテゴリ:ドクターズBLOG

みなさん!冷たいものが歯にしみたり、歯ブラシがあたると痛むという症状で
困ったことはないですか?
それは….『知覚過敏』です!
『知覚過敏』という言葉は聞いたことあると思います。
でも、何が原因で症状が出るのか詳しくは分からないかと思うので説明します!
まず『知覚過敏』とは…歯の表面のエナメル質やセメント質が剥がれ落ちて象牙質(歯の主体をなす組織)
がむき出しになり、外の刺激が象牙細管(象牙質の中の細い管)を通じて歯の神経に直接伝わることです。
主な原因は…過度な負担や圧力、また歯周病や歯みがきのしすぎ、老化です。
歯肉が下がり、セメント質に覆われた歯根(象牙質)が露出すると、セメント質はとても軟らかく
ブラッシングで簡単に剥がれてしまいます。また、歯みがき時に横にゴシゴシ力を入れて磨くと
エナメル質が削られ、最後は象牙質までも含めてくさび状に欠けてしまうこともあります。
かみ合わせが悪かったり、かむ力が強いことなども原因と考えられています。

処置としては…ブラッシング指導やかみ合わせの調整、コーティングなどをしていきます!!
以上!!知覚過敏についてでした。読んでいただきありがとうございました

1日で白い被せ物に