膿がたまったときの処置 篠崎 すぎもと歯科

投稿日:2017年3月5日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

膿がたまったて腫れたり痛みが出たときの処置では、歯肉を切開して膿をだし、消毒と服薬で炎症を鎮めます。歯の周りに膿が溜まって腫れた状態になることがあります。歯肉は赤く腫れて、表面が膿で白っぽくみえることもあります。歯周膿瘍では歯周ポケットの中でプラークの中の細菌が原因で感染が起こると、ポケット内に膿が溜まります。ポケットの入口がふさがれると、行き場を失った膿は歯肉側に出てきて腫れとなって見えるようになります。指で押すと痛み、歯も揺れてきます。炎症がもっと進行すると首や顔まで腫れます。歯肉膿瘍では、歯肉の縁の部分や歯と歯の間の歯肉に膿が見えることがあります。歯肉は赤く腫れて指で触るとぶよぶよしています。歯肉に膿瘍ができるには、以前の虫歯や歯周病の治療が不十分で感染が起きた場合と歯肉の小さな傷に細菌感染が起きた場合です。少しでも気になったり症状がでたときには、早めに治療に通って下さい。