仮歯や仮づめのままの放置が一番危険? 篠崎 歯科

投稿日:2017年2月7日

カテゴリ:ドクターズBLOG

歯を削り型を採ってきちんとかぶせ物が入るまでの間、仮歯を入れます。
仮歯の役割は治療中の歯を保護したり、噛み合う歯(対合歯)の挺出を防いだり、噛み合わせを安定させたりもします。

仮歯は一時的に入れている物で、しっかりした被せ物に比べると接着力は弱い為、粘着力のある物を噛むと仮歯が取れたりしまったりします。
プラスチックの材質なので、硬い物を噛むと割れてしまう為、しっかり噛むこともできません。
治療の状況にもよりますが、仮歯のまま治療を中断してしまうと、プラスチックの為臭いが出てしまったり変色をもしたり、汚れも付きやすく不衛生になってしまいます。
また、せっかく消毒の治療に何回も通われたのに、また中に汚れや菌が入ってしまいます。最悪の場合土台の歯が割れてしまう事もあります。

仮歯のままにせず、しっかりと被せ物が入るまで治療をしてして下さい。
そうすれば、硬い物も噛むことが出来るようになります。

治療途中の歯がある方は、是非早めにすぎもと歯科へおこしください。