キシリトールを上手に使おう すぎもと歯科

投稿日:2017年1月20日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

みなさんこんにちは。

今日は雪が降りましたね!

まだまだ寒い日が続きそうです。。

今回はキシリトールについてを書きたいと思います。

キシリトールはむし歯予防に効果的なもので、白樺などの樹木から抽出された成分が原料となっています。
野菜や果物にも含まれており、人間の肝臓でも毎日作られているような、生体に安全なものです。

砂糖に近い甘さですが、砂糖と違ってキシリトールはむし歯の原因となる、
歯を溶かしてしまう酸をつくりません。

そして、摂取することで、お口の中の歯垢(プラーク)がさらさらになり、ブラッシングで簡単に落とせるようになります。

だ液の分泌も促進してくれ、再石灰化や清浄作用も高まります。

1997年から食品への利用が認可されてから、ガムなどに含まれているのを多く見かけるようになりました。

しかし、キシリトール入りのガムなどを購入する際に注意していただきたいのが、キシリトールの含有量です。

できるだけ砂糖の入っていない、キシリトール100%のものを選んでくださいね。