義歯の適切な取り扱い方 篠﨑 すぎもと歯科

投稿日:2017年1月4日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

正しく使いこなして快適に義歯を使えることで食事ができます。入れ歯の入れ始めは、たべにくかったり、話しがしにくかったりしますが、少しづつ慣れてきます。また、入れると痛むときは、遠慮せずに、先生に相談をして下さい、お口の状態に合わせて調整をします。入れ歯あ体の一部ですので、大切に扱ってください。落とすと割れてしまうことがあります。熱湯に入れると変形してしまうので、熱いお湯には入れないようにしてくださ。入れ歯は乾燥が良くないので、夜など使わない時はコップなどに水を入れて入れ歯が乾燥しないようにしてください。毎日、入れ歯は使ったら洗浄をして頂きます、中性洗剤や歯磨き粉使うと入れ歯が傷ついてしまうので、水洗いにしてください。夜は顎を休ませるために入れ歯は外しておいてください。今年も一年、みなさんにとって充実した一年になりますように。。。