フロスの使い方 篠崎 歯科

投稿日:2016年12月20日

カテゴリ:すぎもと歯科BLOG 歯科助手・受付BLOG

皆さんこんにちは。
寒さが和らぐ日が続いていますが気を緩めず
体調管理には気を付けていきたいですね。

さて、今日は皆さんも毎日使っていると思いますが
フロスの使い方について少しお話したいと思います。
フロス一回の長さの基準は指先から肘、
だいたい40センチくらいで切ります。
そして、両手中指に2,3回巻きつけて人差し指親指を使って
歯と歯の間に入れていきます。
この時に同じところでなく巻いているフロスをずらし
一度使ったところを使わないように進めていきます。
しっかり歯茎の奥まで通し、歯の側面にそって磨くように動かしていきます。
歯の両側とも忘れずに行いましょう。

フロスをすることにより、
歯ブラシでは落としきれなかった歯と歯の間の
汚れをとり虫歯、歯周病の予防にもなります。

ぜひ、今日からでも実践してみて下さい。