鳥の歯は? 篠崎 歯科

投稿日:2016年11月12日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

鳥というと、思い浮かべるのはハトやスズメやカラスでしょうか。鳥に歯…?、と思われそうですが、その通りで鳥に歯はありません。

しかし、そもそも今日の鳥の先祖である始祖鳥は歯を持っていました。なぜ歯を持たなくなったのでしょうか?

それは、空を飛ぶためです。鳥の骨が非常に軽いことはご存知の方もいるかと思いますが、飛ぶために歯までもなくす道を選んだのです。代わりに、クチバシが彼らにとって食事のための重要な部位となりました。

ただ一部例外があり、ニワトリのヒナは卵歯(らんし)という歯を持っていて、その歯を使って硬い殻を割り孵化するそうですよ。孵化後数日で歯は取れてなくなってしまうらしいのですが、ぜひ私も一度見てみたいです。

ちなみに魚を食べる鳥たちは、鱗が引っ掛からないよう必ず魚の頭から飲み込みます。水族館やテレビなど、目にする機会がありましたら観察してみてくださいね。