虫歯を薬で埋めたままでの放置をすると

投稿日:2016年10月31日

カテゴリ:未分類

新しい虫歯を発見したときなど、病院ではいきなり削って詰めないで、歯の神経を鎮静させるための薬を入れ、しばらく様子を見ることがあります。鎮静効果で痛みが消え、穴もふさがるために、一時的に不満な点が解消され、この段階での放置も考えられます。しかしこの処置はあくまで仮の詰め物処置のため、内部の虫歯をきちんと取っていないことも多く、詰め物自体も次第に崩壊してきます。時間の経過が虫歯の更なる悪化を促進させることも多く、「あの時ちゃんと治しておけば、歯の神経を取らずに済んだのに…」なんてこともあるので注意が必要です。そうなる前にしっかり通院していただき、一緒に治療していきましょう。