銀歯とセラミックどちらを選びますか?篠崎 歯科

投稿日:2016年10月25日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

こんばんは!食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、秋を満喫されてますか?!紅葉ももうそろそろ見頃の時期ですね♪私は来月に開催される航空祭が楽しみで仕方がありません。ブルーインパルスのアクロバット飛行がとてもかっこよくて毎年見に行っています!

さて、皆様はお口の中に銀歯は入っておりますか??この銀歯は、実は、ある程度の年数で外したほうが良いものなのです。どのくらいの年数で外したほうがいいと思いますか?多くの方が一生使えるだろうと思われていたのではないでしょうか?! なんと銀歯は、平均5年くらいが寿命と言われています。

なぜ銀歯には寿命があると思いますか?原因は大きく分けて2つあります。

1、金属アレルギーを引き起こす原因になる

唾液によって、金属が腐食・溶け出す→身体に良くない銀イオンが露出→金属アレルギー誘発の恐れ

2、二次的な虫歯になりやすい

今までは削ったら銀歯を入れるのが通常であり、小さい虫歯であっても銀歯をいれていた結果、銀歯が原因で繰り返し虫歯になってしまう方が多い

銀歯からセラミックに変えることは可能ですが、お口の中の状態を拝見してからでないと分からないので気になる方はご相談下さいませ。