治療後にしみるのはなぜ?篠崎 歯科

投稿日:2016年6月29日

カテゴリ:未分類 歯科助手・受付BLOG

皆さんこんばんは!梅雨の季節ですね。あまり好きではない季節ですが、水不足ということなのでいっぱい降って欲しいです。今年の夏は節水しなければならないので少しでも努力したいと思います。

皆さんは虫歯の治療をしたのにしみるという経験はありませんか?治療したのにと心配になると思いますが、こうした症状は歯の構造によるものなので、しばらくすると痛みは自然に消えます。
まず痛みがおきるのはなぜかと言いますと治療前より刺激が神経に伝わるためです。虫歯の治療では、それ以上虫歯が広がらないよう歯を大きく削ります。治療した歯は、削った分だけ神経が近くなり、外からの刺激が伝わりやすい状態になっています。更に修復材料が金属ですと神経に近い上に刺激を伝えやすいのでしみる症状が出る場合がございます。

そういった症状やご不明な点等ございましたらスタッフまでお声掛けください。