歯周病と全身の関係 篠崎 すぎもと歯科

投稿日:2016年5月8日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

歯周病の改善が全身の健康改善につながります。歯周病は、歯とお口の健康と深く関わっていることが分かっています。自覚症状があまり感じない病気ですので、定期的にチェックを受け、常に良い状態を保つようにしましょう。歯周病と心疾患では、歯周病の人は健康な人に比べ、心疾患になるリスクが高くなります。歯周病の菌が体の中にはいり込むと、血流に乗って心臓まで達し、血管や心臓の弁などに付着して疾患を誘発するといわれています。歯周病の人は糖尿病になるリスクも高くなります。血糖値をコントロールするインスリンの働きを妨げ、糖尿病を悪化させます。他に出産を控えている、お母さんは早産になるリスクも高く、ストレスをかかえていたり、不規則な生活をしていると歯周病になるリスクも高くなります。