乳歯の疑問 歯科 篠崎

投稿日:2016年5月7日

カテゴリ:ドクターズBLOG

乳歯の色がおかしいエナメル質形成不全

歯の表面のエナメル質が何らかの原因で、先天的に影響を受けて、上手く作られなかった歯のことを、エナメル質形成不全と言います。
他の歯と比べて歯の質が弱かったり、柔らかかったりするため、虫歯になりやすく、進行も早いです。
対応策として自宅では歯磨きとフッ素洗口、甘いものの管理を行います。歯科医院では月に一回程度高濃度のフッ素を塗り固くしていきます。

乳歯の色が黒く変色

乳歯の前歯が気がついたら、黒くなっていることがあります。これは何らかの原因で神経が死んでしまっている状態です。原因として多いのは前歯をぶつけた衝撃によるものが多いのです。
対応策として歯の根の先に膿が溜まって歯茎が腫れるようであれば根の治療をします。黒くなっているだけで症状がなければそのまま生え変わりまで待つこともあります。ただし定期的に歯科医院での観察が必要です。