知覚過敏について 篠崎 歯医者

投稿日:2016年3月19日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんこんばんは!最近温度変化が激しく風邪をひきやすいのと、花粉がすごくなってきましたが皆さん大丈夫ですか?体調管理に気をつけてくださいね。

本日は知覚過敏についてお話しさせていただきたいのます。

皆さん!!冷たいもがしみる、歯ブラシがあたると痛むという症状で困ったことはありませんか?

これは、歯の表面のエナメル質やセメント質が剥がれ落ちて象牙質がむき出しになり、外の刺激が象牙細管(象牙質の中の細い管)を通じて歯の神経に直接伝わるために起こります。

処置の方法では、ブラッシング指導、噛み合わせの調整、修復などで処置を行っています。

簡単に説明したんですが、もし気になったりご質問があればいつでもおっしゃって下さい。その他でもお困りな事があればいつでもお待ちしております(・v・)/スタッフ一同心よりお待ちしております!