歯周病ってどんな病気?篠崎 歯科

投稿日:2016年3月5日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんこんばんは!3月に入り、春が近づいてまいりましたね。

皆さん花粉症は大丈夫ですか?花粉症対策は出来ていますか?私は花粉症とは無縁なので花粉症の方を見るとかわいそうだな、辛そうだなと他人事の様に思ってしまいます。。すみません。。。。

本日のブログは皆さんご存知かと思いますが、歯周病の『重さ』についての内容です。

1.歯肉炎  プラークや歯石が原因で歯肉に炎症が起きている。

症状…歯茎が少し赤い、時々血が出る。

2.軽度歯周炎 歯茎で細菌が増えて膿を出したり、歯を支えている歯肉や骨を溶かし始める。

症状…歯茎が腫れて歯周ポケットが深くなる。

3.中度歯周炎 骨がだいぶ溶ける。骨の根まで炎症が進む。

症状…口臭や膿が気になる。ものが食べにくい。時々腫れて痛みが出る。

4.重度歯周炎  歯茎が歯を支えられなくなる。歯の根の炎症がだいぶ進む。放っておくと歯が抜ける。

症状…歯がぐらぐらしてくる。食べると痛い。

尚、症状等には個人差があるのでご自身の歯周病の重さをお知りになりたい方は歯周ポケットを調べると分かりますのでご来院お待ちしております。