老化の原因「AEGs」を抑える食生活    篠崎 歯科

投稿日:2015年12月28日

カテゴリ:ドクターズBLOG

 皆さん 「AGEs」 という言葉をご存知ですか?

日本語では 「糖化最終生産物」 と言います。

私達の体の中では、食べた食事を 消化、吸収、代謝をしていますが、

体内でタンパク質と糖が結びついて変性する反応を 「糖化」 

その最終産物を 「AGEs」 といい、

老化物質として近年注目されています。

 

AGEsは分解されにくく、蓄積することで、

肌や髪の変化だけでなく様々な老化の原因になると言われています。

AGEsを抑えるには、糖や炭水化物を余分に摂りすぎないことや

血糖値の急上昇を抑える食べ物が重要です。

 


  具体的には   ①野菜から先に食べる

                          ②食物繊維の多い食事にする

                          ③食後は軽い運動をする

                          ④1回あたりの食事を20分以上かけてゆっくり食べる

                          ⑤一口で30回以上噛むようにする  など


 

 

ぜひお試し下さい。 ちょっと意識すれば出来そうですよね。

■ 他の記事を読む■