なぜ、虫歯になるの? 篠崎 歯科

投稿日:2015年7月26日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんこんばんわ。皆さんはなぜ虫歯になると思いますか?

本日はそのことについてお話しします。

虫歯になる原因は、歯垢(プラーク)とよばれる細菌のかたまりです。磨ききれずに残った食べかすがお口の中の細菌とまじりあってできる歯垢が、食べかすに含まれる糖分をエサとして増殖していき、数時間後に酸を産出します。この酸が、エナメル質で覆われている歯の表面を溶かしていきます。初期の段階であれば、唾液の力で修復が行われ(再石灰化)、元の健康な歯の状態に戻ります。しかし、毎日の食生活が乱れていたり、歯のケアをためらっていたりと、歯垢が酸を産出しやすい環境であればあるほど、再石灰化が間に合わず、歯の表面の脱灰が進行していき、虫歯が悪化していくのです。

だから、お困りのことがあれば気軽にご相談下さい。