高血圧と歯周病の関わりって? 篠崎 歯科

投稿日:2015年7月5日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんこんばんは!今日も雨が降っていますね~私は雨はじめじめして冷えるので苦手なのですが、雨の音にはリラックス効果があると最近知りました☆なので、お休みの日に雨が降っていたら雨音を聞きながら読書したいと思いました。

そして今日は糖尿病に続き、高血圧と歯周病、口腔内の関わりについてです。

歯・口における特徴的な症状

1、降圧剤の種類によっては歯肉増殖を起こし、歯周病のリスク要因となります。

2、中等度の歯周病の割合は高血圧(160mmHg)の人が健常な人の1.5倍と報告されている。

3、降圧剤の中には副作用で口腔乾燥を起こすこともある。

☆口腔ケアのポイント☆

1、麻痺や筋力低下はないので、通常の口腔清掃、ブラッシングが可能です。口腔乾燥については頻回のう      がい励行をすすめます。

2、歯肉増殖に対しては、かかりつけの歯科医院にて定期的にプラーク除去、歯石除去等歯周処置を行なえばかなり抑制できる。