歯ぎしりやくいしばり 篠崎 すぎもと歯科

投稿日:2015年7月4日

カテゴリ:未分類

歯ぎしりやくいしばりをしていませんか?歯ぎしりやくいしばりは歯の先端をカチカチ接触させるといった無意識に行う運動が(ブラキシズム)です。ブラキシズムは、歯や歯を支える組織(歯肉やあごの骨)に普通に噛むときの2倍以上の力がかかると言われています。そのため症状がひどい歯の周りの組織に過重な負担がかかり、歯や歯肉やあごの骨といった組織が破壊されます。歯ぎしりくらいと軽く考えず、歯科医院の相談して下さい。ブラキシズムの症状とは。。。グラインディング=上下の歯をすり合わせて(ギシギシ)(コリコリ)といった音を出すといわゆる歯ぎしりです。クレンチング=歯を強く噛みしめる、力を入いれて歯をくいしばることです。クッピング=歯の先端部分をカチカチと触れ合せることです。こんなトラブルが起きます。歯がすり減ります。歯肉が炎症を起して歯周病が進行します。力で歯が割れます。あごの関節に影響し、顎関節を起こします。