歯は毎日溶けている!? 篠崎 歯科医院 すぎもと歯科

投稿日:2015年5月29日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

ご自身の歯が毎日溶けていることをご存知ですか?

酸性の強い食品を食べたり飲んだりした時に歯は溶けやすい状態になっています。酸性の強い食品とは、炭酸飲料や肉類など、つまりは欧米型の食生活に偏ってしまうと酸性食品を多く摂りがちになってしまいます。

歯はミネラルからできていて、酸性度の強い食品ばかり食べていたり、堅い歯ブラシでゴシゴシ歯を磨いてしまうと、歯がダメージを受けてしまい良くありません。

歯が溶けてしまう状態を脱灰(だっかい)と言い、唾液が酸を中和し、唾液に含まれるリンやカルシウムにより修復することを再石灰化と言います。歯は脱灰と再石灰化を繰り返しますが、再石灰化が追いつかなくなると虫歯ができ、酸蝕歯(さんしょくし)として影響が現れます。脱灰と再石灰化のバランスがとれると歯は健康な状態に保たれます。

食事をする時ひと口30回は意識して噛むようにしたり、ダラダラと食べたり飲んだりしない習慣をつけてみると、お金をかけずに手軽に歯を守れます。