乾燥にご用心! 篠崎 歯科 すぎもと歯科

投稿日:2015年5月3日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

みなさんは、普段口で呼吸していますか?鼻で呼吸していますか?

私は、鼻呼吸です!花粉症なので、シーズンは口で呼吸することが多いですが…

鼻呼吸は小さい頃に習慣化されるそうですが、口呼吸が癖になってしまうことがあります。

口呼吸かな?と思った方は、少し気をつけたほうが良いかもしれません。

というのも、口呼吸をしている人は、口が開いているため口の中が乾燥しやすく、虫歯がふえてしまう可能性が高くなるからです。

口が乾燥すると、本来の唾液の量が少なくなります。唾液には、溶けた歯を修復する再石灰化作用、口の中の汚れを唾液によって洗い流す自浄作用、唾液に含まれる抗菌物質が粘膜などを保護する抗菌作用など、様々な作用があります。唾液が少なくなるとこうした作用が低下し、虫歯だけでなく歯茎が腫れやすくなったり、歯周病が進行しやすくなります。さらには歯の表面も乾燥するため、汚れがこびりつきやすく着色しやすくなり、口臭の原因にもなります。

口呼吸はあらゆる病気につながるので、自然に鼻で呼吸ができるようにトレーニングを行い、健康なお口を目指しましょう。