酸が歯は溶かす「酸蝕症」

投稿日:2015年4月15日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

 細菌の関与がなく、体内外に由来する酸によって、歯が溶ける病気を「酸蝕症」と呼びます。

原因としては①清涼飲料水、スポッツドリング、アルコール飲料、果汁、酢などの過剰摂取。

                 ②逆流性食道炎など胃酸による。③ビタミン剤、アスピリンといった酸性の薬剤を

                  多く服用するなどのケースがあります。

症状としては、しみる、噛むと痛いなど虫歯の症状に似っています。

最も簡単な予防法は、酸性飲料水などの摂取を少なくすること。そしてダラダラ飲みはやめて、

摂取後は、水で漱ぐとよいでしょう。

歯を溶かす酸のPH(ペーハー)は5.5以下で、数値が低いほど酸性度が強くなります。

胃酸のPHは1〜2、コーラ飲料は2.2、栄養ドリングは2.5、レモンは2.0、ワインは2.3です。

自分なりの予防策を講じてください。