虫歯のいろいろ 〜見た目ではわからない〜

投稿日:2015年4月4日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんこんにちは!

本日は虫歯の大きさについてお話したいと思います。虫歯の大きさは4つに分類されます。

C1

エナメル質がおかされ、小さい黒い点ができます。この大きさは自覚症状はとくにありません。

C2

エナメル質の下にある象牙質まで虫歯が進行していて、冷たいものがしみるようになります。

C3

象牙質のさらに下にある、神経まで虫歯が進行した状態です。ここまでくると炎症が起き激しい痛みがでます。

C4

歯茎の上に出ている部分は虫歯でなくなり、歯茎の中の根っこしか残っていない状態です。この状態は神経が死んでしまっている為、痛みは感じなくなります。しかし、歯の根の先にう膿がたまってしまい、治療に時間がかかります。

このように虫歯と一言で言っても実はいろいろあるのです。

痛みがないから大丈夫と思っている方もたくさんいらっしゃると思いますが痛みがない時こそ、歯医者に行くことをオススメいたします。

 

■ 他の記事を読む■