インプラント(人工歯根)ってどんな治療法?

投稿日:2015年3月21日

カテゴリ:ドクターズBLOG

こんばんは すぎもと歯科の歯科医師 寺西 です

暖かくなって春めいてまいりましたね 皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、インプラント治療をご存知でしょうか。インプラント治療とは顎の骨に人工歯根を埋め込みその上に人工の歯を取り付ける治療方法です。

よく、差し歯とインプラントは同じものですか?歯を抜いた後に差し歯は出来ますか?

などとご質問を受けますが、この二つの治療はまったく異なります。

差し歯とは、まだ健康なご自分の歯の根が残っている場合に行う治療です。天然の歯根に土台(コア)をつけた後に外側をかぶせ物で包みます。歯根がむし歯や歯周病にかかっていると適用できないケースがあります。

一方、インプラント治療は失った歯根の代用物として、純チタンなどの金属を手術で直接あごにうち込みます。顎の骨がしっかり残っていること、手術に対応できる全身状態であることなどの綿密な検査が必要ですが、非常にしっかり噛める優れた治療法といえます。