食生活と生活習慣

投稿日:2015年2月28日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

乳歯の時に虫歯が多い環境だと永久歯にはえかわってからも虫歯の多い環境になってしまいます。

3歳までの食生活も大事とも言われています。まず、お子さんが自ら好んで口にする食べ物や、飲み物は甘い物が多く虫歯になりやすいのです。

食事やおやつの時間を含め、甘い物を1日に何回も飲食するのと1日に1回にするのでは虫歯が多い環境になるのか虫歯が少ない環境になるのかが大きくかわってきます。

出来れば、糖分のある飲食はおやつの時間んど決めて、食べたり飲んだりしたら、歯磨きをする生活習慣を身につけてあげることも大切なことです。

乳歯の時に虫歯が多い生活習慣のままだと永久歯も同じように虫歯も多く、どんどんはを失っていくことになりかねません。

食生活及び生活習慣、そしてきちんとした歯磨きはとても大切なことになります。