お子さんの虫歯予防に・・・

投稿日:2015年2月17日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

皆さんこんにちは。今日の日中は比較的暖かかった一日でしたね。

昨日が風も強く寒さが一段と厳しい日だったためそう感じた人も多かったと思います。

もうすぐ三月を迎えようとしているため早い人では花粉を感じはじめて辛い思いをし始めてる方もいるかも知れませんが、まだまだ寒い日が続きそうなので体調管理には十分気をつけてお過ごしください。

 

さて今日はお子さんの虫歯予防について少しお話させていただきます。

皆さんフッ素というものはご存じですか!?お子さんの虫歯予防に最も効果の高いお薬です。

お薬と言ってもフッ素配合の歯磨き粉も多く市販されているため、とても身近なものなので当たり前のように毎日使われているかと思います。フッ素は歯磨き粉の他に歯医者さんで塗ってもらうものというイメージが強いと思いますが、実は普段から口にしている物にも微量のフッ素が含まれているのです。

ではなぜフッ素が歯に良いと言われているかと言うと・・・

①初期虫歯の修復(再石灰化の促進)→虫歯になりかかった歯から溶けだしたカルシウムなどが再び歯の表面に戻ろうとする作用(再石灰化)を助け歯の修復を促進します。

②歯の質の強化(耐酸性)→フッ素が歯に取り込まれることによりエナメル質という歯の質が強化され酸に溶けにくい強い歯になります。

③虫歯菌の抑制→フッ素の抗菌作用により虫歯の菌の働きを抑え、酸の産生を抑制させます。

これらのことからフッ素はお子さんの歯に最も予防効果の高いものと言えるのです。

ですが、いくら虫歯予防に効果があるからっと言って多くとればいいものでもありません適切な使い方でお子さんの虫歯予防を行っていきましょう。

■ 他の記事を読む■