口・喉の乾きに注意 うがい・水分補給で潤いを

投稿日:2015年2月3日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

口の中の唾液や喉には、本来、細菌やウイルスなどの病原体から体を守る機能があります。

空気の乾燥によって、口や喉が乾いて、その機能が低下してしまうと、インフルエンザや風邪などをひきやすくなります。

予防のため、室温(暖房設定は20度が目安)、湿度(50%~60%)の調整を心掛け、小まめなうがいや、水分補給をして、喉に潤いを与えるようにしましょう。

また、マスクで口をおおうと、自分の吐く息で湿気に満ちた空間ができ、乾燥を防ぐのに役立ちます。

冬は空気が乾燥しますので、こんな工夫もしてみてください。

又、自覚症状がなくでも、口の中が乾燥している患者さんが少なくありません。唾液は口の中や喉にウイルスが付着するのを防ぎます。

唾液の減少は20代から始まるとも言われています。乾燥を防ぐ為、ジェルやリンスなどのうるおい補給品もあります。

口腔内を清潔に保ち、乾燥から防いで、インフルエンザ、風邪などの予防をしていきましょう。

 

■ 他の記事を読む■